このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

日本ビアカクテル協会 
サイト利用規約

利用規約

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,一般社団法人日本ビアカクテル協会(以下,「当協会」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)

本規約は,ユーザーと当協会との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。当協会は本サービスに関し,本規約のほか,ご利用にあたってのルール等,各種の定め(以下,「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず,本規約の一部を構成するものとします。本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には,個別規定において特段の定めなき限り,個別規定の規定が優先されるものとします。

第2条(利用登録)

本サービスにおいては,登録希望者が本規約に同意の上,当協会の定める方法によって利用登録を申請し,当協会がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。当協会は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合本規約に違反したことがある者からの申請である場合その他,当協会が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)

ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを適切に管理するものとします。ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与し,もしくは第三者と共用することはできません。当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。ユーザーID及びパスワードが第三者によって使用されたことによって生じた損害は,当協会に故意又は重大な過失がある場合を除き,当社は一切の責任を負わないものとします。

第4条(利用料金および支払方法)

ユーザーは,本サービスの有料部分の対価として,当協会が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,当協会が指定する方法により支払うものとします。ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第5条(禁止事項)

ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。

法令または公序良俗に違反する行為犯罪行為に関連する行為本サービスの内容等,本サービスに含まれる著作権,商標権ほか知的財産権を侵害する行為当協会,ほかのユーザー,またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為当協会のサービスの運営を妨害するおそれのある行為不正アクセスをし,またはこれを試みる行為他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為不正な目的を持って本サービスを利用する行為本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益,損害,不快感を与える行為他のユーザーに成りすます行為当協会が許諾しない本サービス上での宣伝,広告,勧誘,または営業行為面識のない異性との出会いを目的とした行為当協会のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為その他,当協会が不適切と判断する行為

第6条(本サービスの提供の停止等)

当協会は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合その他,当協会が本サービスの提供が困難と判断した場合当協会は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても,一切の責任を負わないものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)

当協会は,ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。本規約のいずれかの条項に違反した場合登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合料金等の支払債務の不履行があった場合当社からの連絡に対し,一定期間返答がない場合本サービスについて,最終の利用から一定期間利用がない場合その他,当協会が本サービスの利用を適当でないと判断した場合当協会は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第8条(退会)

ユーザーは,当協会の定める退会手続により,本サービスから退会できるものとします。

第9条(保証の否認および免責事項)

当協会は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当協会は,本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当協会とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されません。前項ただし書に定める場合であっても,当協会は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また,当協会の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は,ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。当協会は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第10条(サービス内容の変更等)

当協会は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(利用規約の変更)

当協会は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。なお,本規約の変更後,本サービスの利用を開始した場合には,当該ユーザーは変更後の規約に同意したものとみなします。

第12条(個人情報の取扱い)

当協会は,本サービスの利用によって取得する個人情報については,当協会「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

第13条(通知または連絡)

ユーザーと当協会との間の通知または連絡は,当協会の定める方法によって行うものとします。当社は,ユーザーから, 当協会が別途定める方式に従った変更届け出がない限り,現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い,これらは,発信時にユーザーへ到達したものとみなします。

第14条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは,当協会の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第15条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。本サービスに関して紛争が生じた場合には,当協会の登記所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

以上

付記

本規約は2021年3月10日より適用されます。

日本ビアカクテル協会

2021年2月22日

日本ビアカクテル協会規約

プライバシーポリシー

一般社団法人日本ビアカクテル協会(以下,「当協会」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当協会は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。
また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を, 当協会の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当協会が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

・当協会サービスの提供・運営のため ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
・ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
・メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
・利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
・ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
・有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため 上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

当協会は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当協会所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

当協会は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。
ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき 予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当協会が個人情報保護委員会に届出をしたとき 利用目的に第三者への提供を含むこと 第三者に提供されるデータの項目 第三者への提供の手段または方法 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること 本人の求めを受け付ける方法 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。 当協会が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

当協会は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合 当協会の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合 その他法令に違反することとなる場合 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

ユーザーは,当協会の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当協会が定める手続きにより,当協会に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。 当協会は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。 当協会は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)

当協会は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。 前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。 当協会は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。 前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)

本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。 当協会が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

第10条(お問い合わせ窓口)

本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。

住所:千葉県松戸市栄町8-701-12

社名:一般社団法人日本ビアカクテル協会

Eメールアドレス:jbca1111@wjbca.org

本規約は2021年3月10日より適用されます。

日本ビアカクテル協会

2021年2月22日

日本ビアカクテル協会
会員 規約

会員規約 

この会員規約(以下「本規約」)は、一般社団法人日本ビアカクテル協会(以下「当協会」)と、 一般社団法人日本ビアカクテル協会会員(以下「会員」)との関係に適用し、また会員の心得、規範 を明確にしています。当協会では、入 会の申込をいただいた時点で、本規約を承認したとみなします。

第1章 総 則 

第1条(会員規約の適用)

当協会は、会員との間に本規約を定め、これにより当協会の運営を行います。また、当協会が随時発表する諸規定も、本規約の一部を構成します。

 第2条(会員規約の変更) 

当協会は、自らが円滑な運営のために必要と判断した場合、会員の事前の承諾を得るこ となく、本規約を変更することができます。変更後の会員規約については、当協会のサイ ト上への掲載、電子メール、書面その他当協会が適切と判断する方法により通知した時点 から、その効力を生じます。 

第3条(用語の定義) 

1.本規約において使われる用語については、次の各項に定義します。 

2.会員とは、当協会会員の総称です。 

3.書面とは、当協会が指定した書式による文書、または任意の書式による文書(電子書面 を含みます)を指します。また、入会時に登録している電子メールアドレスからの発信に よる当協会事務局への通知、連絡も書面と認められます。 

第2章 入会申込等 

第4条(入会申込) 当協会への入会の申込をする方は、当協会が別に定める入会金および年会費を払込み、 入会申込書に必要事項を記入して、当協会事務局に提出することとします。 

第5条(入会申込の拒絶等) 

1.当協会は、入会申込者が次の各項に該当する場合、入会を認めない場合があります。

2.入会申込書に偽名を含む虚偽の事項を記載した場合 

3.入会申込者が本規約に反するおそれのある場合 

4.その他、前各項に準ずる場合で、当協会が入会を適当でないと判断した場合 

第6条(会員の種類) 

会員の種類、入会金、年会費、その他費用、資格および特典は、次の各号の通りです。
なお年会費の 口数に制限はありません。

 (1) 一般会員 

初回入会金10,000円(今だけ無料)年会費 6,000円 

資格:当協会が認定する呼称資格を有し、かつ基金を引き受け拠出者となった者 

特典:商品の購入、年1回の会報誌 定期的な会員向けオンラインイベント開催案内とメルマガ発信

(2) 法人会員 

初回入会金10,000円(今だけ無料)年会費1口 6,000円 

資格:当協会が認定する呼称資格を有する者 

特典:商品の購入、年1回の会報誌 定期的な会員向けオンラインイベント開催案内とメルマガ発信

(3) メンバーシップ 

一般公募はしない

当協会が定めた条件を満たした場合に個別でご案内

(4) 名誉会員

一般公募はしない

当協会が定めた条件を満たした場合に個別でご案内

第7条(入会金・年会費の免除) 

当協会は、次の各号に該当する場合、入会金または年会費を免除します。

(1) 第6条各号の会員が別の各号の会員になる場合は入会金を免除します。 

(2) 正会員のうち当協会の役員に就任した者は、就任期間中に支払うべき年会費を免除 します。 

(3) その他、当協会が適当と判断した場合。

第8条(会員資格有効期限) 

1.会員資格有効期限は次の各項に定めます。

2.会員資格有効期限は、一般会員と法人会員については毎年月から翌年月末日までとします。 

3.会員資格有効期限の起算日は、当法人が入会を承認し、年会費の支払われた日とします。 

4.会員資格の継続を希望する会員は、有効期限満了日までに次年度の年会費を当協会 所定の方法にて入金するものとし、入金が確認され次第、有効期限が満了日より1年 間延長されるものとします。 

5.有効期限が満了した場合であっても、会員は、当該満了日から3ヶ月を経過するま での間に次年度の年会費を入金することにより、満了日より1年間の継続ができます。 3 尚、有効期限満了日から 3 ヶ月を経過した後に再度当会への入会を希望する場合は、 改めて入会手続きを行なうものとします。

 第3章 入会申込記載事項の変更等 

第9条(会員の氏名及び名称等の変更) 

1.会員は、その氏名、名称、住所、電話番号、電子メールアドレス等に関する事項に変 更があったときは、 速やかに書面によりその旨を当協会事務局に通知する必要がありま す。 

2.前項の規定による変更通知の不在によって、当協会からの会員への通知、連絡、書類 等が遅延または不達になったとしても、当協会はその責を負わないものとします。 第4章 会員資格の喪失 第10条(会員資格の喪失) 会員が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失します。 

(1) 退会届の提出をしたとき 

(2) 成年被後見人又は被保佐人になったとき。

(3) 死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は解散したとき。 

(4) 1年以上年会費を滞納したとき。 

(5) 総正会員の同意があったとき。 第11条(退会) 退会しようとする場合は、退会届を当協会事務局に届け出て退会することができます。 

第12条(会員資格の停止・解除) 

当協会は、 会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、 当該会員に対し事前に通知 及び勧告することなく、当該会員の資格を停止または解除することがあります。 

(1) 年会費が支払われないとき 

(2) 内外の諸法令または公序良俗に反する行為を行ったとき 

(3) 当協会、他の会員または第三者の商標権、特許権、意匠権、著作権、その他財産、 プライバシーを侵害した場合またはそのおそれのある行為をした場合 

(4) 当協会、他の会員または第三者を誹謗中傷する情報を流したとき 

(5) 入会申込書に虚偽の事項を記載したことが判明したとき 

(6) 当協会、他の会員または第三者の名誉または信用を失墜させる行為があったとき

(7) 本規約に違反した場合 4 (8) その他、当協会が会員として不適当と判断した場合 

第13条(拠出金品の不返還) 

一度払い込まれた会費及びその他の拠出金品は返還しません。 

第5章 会員資格有効期限終了に伴う措置 

第14条(措置) 

会員資格有効期限が過ぎ、当協会からの通知のあとも、当協会が当該会員の更新の意思 及び会費の払込みを確認できず、会員資格の更新がなされない場合、またはその他の事由 によって当該会員の会員資格が失われた場合は、会員資格に基づく権利の行使を停止し、 当協会に対し債務があった場合は速やかに精算することとします。 

第6章 会員証の発行等 

第15条(会員証の発行) 

1.当協会は、会員に対し、会員証 1 枚を発行します。 

2.会員証の有効期限は、第 8 条で定める会員資格有効期限までとします。 

3.当協会の活動、事業に参加する場合は会員証を提示してください。 

4.会員証及び会員に基づく権利は、当該会員以外の者に使用許諾、貸与、譲渡、相続等 をすることができません。 

5.会員証を紛失した場合は、速やかに当協会事務局に届け出たうえで、手数料 550 円を 添えて、再発行の手続きをしてください。 

6.会員証は、当該会員が会員ではなくなった場合、当協会に返却するものとします。 

第7章 商号及び商標等の利用 

第16条(商号及び商標等の利用) 

当協会が定めた商号及び商標等を個人的にまたはその他の目的で利用する場合は、当協 会の事前の書面による承認を得る必要があります。 

第8章 禁止行為 

第17条(禁止行為) 

1.会員は無断で当協会の名称及び会員名簿等、またその活動主旨・活動内容を利用して、 個人や他の特定団体の利益等を目的とした宣伝活動や営業活動を行ってはいけません。 

2.その他、協会の目的を理解し、第12条各号に定める行為、当協会の主旨に反する行 為等を行ってはいけません。 

第9章 情報管理 

第18条(個人情報の保護) 

1.会員の個人情報(住所・氏名・写 真・電話番号・FAX 番号・電子メー ルアドレス等) は、プライバシー保護のため、全会員がその取扱いには十分注意し、会員以外の第三者 に名簿を譲渡もしくは売却し、またはその内容の一部もしくは全部を何らかの媒体に公 表してはいけません。 

2.当協会は、当協会が保有する会員の個人情報に関して適用される法規を遵守するとと もに、当協会が別途定める個人情報保護方針に従い、当該個人情報を適切に取り扱うも のとします。 

第10章 知的財産 

第19条(知的財産の帰属) 

当協会が創作するすべての著作物、ノウハウ、アイデア、発明、考案、意匠、商標等に 関する権利は、当協会に帰属します。 

第20条(知的財産の保護)

 当協会が作成し発行する全ての資料・データ等については、無断で他の媒体に掲載し、 第三者に譲渡もしくは売却し、または公表してはいけません。 

第11章 損害賠償等 

第21条(損害賠償) 

会員が、本規約及び本規約に基づく諸規則に反し、またはそれに類する行為によって当 協会が損害を受けた場合、 当該会員は、当協会が受けた損害を当協会に賠償することとし ます。

 第22条(免責)

 当協会は、会員に提供するサービスの利用により発生した会員の損害等に対し、第18条 第2項に定める場合および当協会の故意または重過失による場合を除き、いかなる理由に よっても損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。 

第12章 残存条項

第23条(残存条項)

退会した場合または会員資格が停止もしくは解除された場合であっても、第14条、第 17条から第22条および本条の規定は有効に存続するものとします。 

第13章 その他 

第24条(準拠法) 

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。 第

25条(裁判管轄) 

当協会および会員は、当協会と会員の間で訴訟の必要が生じた場合、本契約に関する紛争については千葉地方裁判所松戸支部松戸簡易裁判所を第一審の専属管 轄裁判所とすることに合意するものとします。 

第26条(規定の追加) 

本規約に定めのない事項で、必要と判断される事項については、順次当協会が定めるも のとします 

付 則 

この規約は 令和3年4月30日より施行する。

日本ビアカクテル協会
Recipe Inventor Card 規約

Recipe Inventor Cardについて

日本ビアカクテル協会(以下「当協会」)のRecipe Inventor Card(以下「レシピカード」)は、ビアカクテルレシピ原案の発案者に対して、そのアイデアの素晴らしさとアイデア提供の共創精神を称えて当協会が発行するものです。

発行条件

以下の条件が3点とも揃った場合、当協会よりナンバー付きで発行されます。

  1. 当協会がビアカクテル原案と認めたビアカクテルレシピ
  2. アイデア発案者の氏名情報が提供されている(グループの場合は代表者1名)
  3. カード送付先の住所情報が提供されている

レシピカードは、発行後、カード送付先住所へ郵送されます。


アイデア提供方法

以下の方法で提供ができます。

  • 当協会メールアドレス当協会公式SNS当協会公式サイト
  • 提供時、以下の情報を併せてお知らせ下さい。
  • レシピアイデア内容カクテル名提供者氏名カード送付先住所

特典

レシピカード所持者は、以下の特典を受けることができます。

  1. 当協会会員入会申込時、レシピカードのナンバーを記入して頂くと、年会費が割引になります。
  2. レシピカード所持者がすでに会員の場合、以下の特典のどちらかを選択することができます。
         1.公式サイトで使用できる割引クーポンの発行
         2.入会申込者にナンバーを譲り、年会費割引

              ※発行時にどちらかお選び下さい。

レシピカードを25枚集めるごとに、当協会より記念品が贈られます。

注意事項

・レシピカードは当協会の会員証ではありません。

・レシピカードを紛失した場合、再発行はできません。

・偽造やアイデア盗用等の不正が発覚した場合は、その時点で発行取り消しとなり、特典も受けられません。

・レシピカード所持者は、あくまでビアカクテルレシピ原案の発案者であり、そのレシピについてのいかなる権利も持ち得ません。その原案を応用して当協会が発表した公式レシピについては、当協会が全ての権利を持ちます。

・レシピカードが発行された時点で、その原案は当協会に無償で提供されたものとみなします。

・レシピカード所持者は、当協会がその原案を応用した公式レシピを発表する際、その原案者名を公表しないことを予め承諾して下さい。

・レシピカードの特典は、1ナンバーにつき1回限りです。

・ナンバーを譲って他の人を入会させる際は、入会申込時にナンバーとレシピカード所持者の氏名情報が必要です。

・本規約内容、およびレシピカード特典内容は、予告なく変更になる場合があります。


付記

本規約は2021年3月1日より適用されます。

日本ビアカクテル協会

2021年2月22日